読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕達が 持てるかがやき

永遠に忘れないでね

クリスマスを一緒に過ごしたいジャニーズWEST4選

 

 

 もうすぐクリスマスですね。今年のクリスマスの我が軍は京セラドームでヲタたちの相手をしてくれますが(言い方)、もし彼女とクリスマスを過ごしてたら…っていう妄想でーす。

クリスマスを一緒に過ごしたいジャニーズWESTとかみんなじゃん??もちろん私もそう思ってたんですけど、こう……うまいこと話が思い浮かばなかったんで、ポンポン妄想が進んだメンバー4選になります。尚、贔屓が入って一部のメンバーがめちゃめちゃ長いのはご愛嬌ということでお許しください!

 

 

 

中間淳太

絶対絶対、ホテルのスイートルーム予約してホテルの最上階のレストランでディナーする。絶対。

クリスマス前に予め、連れて行きたいところあるからフォーマルな服用意しといてって言われる。当日は車で家までお迎えに来てくれて、スッと車降りてドア開けてくれる。ちゃんと、頑張った上品めのメイクも髪も服装も、「綺麗やね?」って言ってくれる。クウウウ…できる男だ…。なんかさ…淳太ってめっちゃ、アップしたヘアアレに華奢でちょっと揺れる感じのピアスとかイヤリング好きそうだよね。ていうか好きでしょ。あの首筋が綺麗に見える感じ。いやらしくない色気が出るもんね?絶対好きでしょ??

女の子の扱い慣れてないみたいなことよく言ってるけど、全部全部スマートにやってくれたら嬉しいし惚れる。

高速を走る車の中から綺麗な夜景も見れるし、勿論どこに向かってるか気になるけど淳太は絶対教えてくれないことをわかってる彼女はそんなこと聞かない。かわいいけど落ち着いてて品の良い彼女だから、「ねーねーどこ行くの?どこ行ってるの???今日なにするの???」とか聞かない。私が淳太の彼女だったら絶対聞くけど。なんなら「ねえ何??ちゃんとした格好しなきゃいけないところ???ホテル??最上階??ディナー???」とか全部聞く。全力で当てに行く。淳太は私みたいなクソ女絶対好きにならないな…。まあいいや私には大毅がいるし。(?)

ホテルの最上階で夜景の見えるディナーとかしたことないのでこれ以上詳しいこと書けないんですけど……数年後のクリスマスに、またそこのホテルの最上階で、同じ席で、「〇年前もここやったやんな?」ってニコニコしながら、プロポーズすると思う。「おれとずっと一緒におってくれませんか」って感じな気がする。「もう恋人やめへん?奥さんなってや」みたいなプロポーズの妄想よく聞くけど実際自分がやるってなったら恥ずかしくて、結局シンプルになるでしょ。…知らんけど。(結論)

 

 

 

 

 

藤井流星

流星くんのお顔はどんなイルミネーションよりもキラキラだし綺麗。クリスマスに横にいてくれるだけでいい。

流星くんとはイルミネーション見に行って、ケーキとちょっと良いワインを買って家に帰って、二人でご飯を作りたい。流星くんはきっとどこへでもつれてってくれる。(ポエムかよ)テレビのクリスマスデートスポット特集を二人で見て、「どこいこっか〜〜」ってまったり話したい。「ここ行く?」「んー、人多いだろうし、今の映像で充分だなぁ」「〇〇が行きたいとこ行こ」とか言って笑うから胸キュンが止まらねえ。半端ねえ。彼女がアウトドアならもちろんのこと、インドアでも大丈夫。「人多いと疲れちゃうなぁ〜〜」ってこぼす彼女に、「ほな、今年は家でゆっくりする?」って言ってくれる。流星くんはなんでも許してくれる。「え、いいの?」「ええよ?」「流星くんイルミネーション見たかったよね、」「や、べつに。大丈夫」「ありがと…」「あ、でも、ワインとケーキは買い行こ」にっこり笑うから流れる星になりそう(意味不明)

二人でおうちを出る時に、マフラー巻いてほしい。準備も終わらせてコートも着てから、玄関でブーツ履いて、顔上げたらマフラー持った流星くん。「忘れてた(笑)」ってヘラヘラしてたら、寒いやろって笑いながらマフラーぐるぐる巻いてくれる。SUKI。

ケーキは彼女が選んで、ワインは流星くんが選ぶ。で、ちょっとお洒落なスーパーで夜ご飯用の食材を二人で選ぶ。「え?バジルどこ?」ってキョロキョロする彼女をぼけっとカート押しながらついてきてくれたら良い。色々見ながら籠に入れてく彼女を後ろから見て、「結婚したらこんなんになるんかな」とかぼんやり考えてたら更に良い。…え?ちょっと、スーパーに一緒に行きたいジャニーズWEST〇選を軽率に書き始めたくなるぞ??(尽きない妄想)

家帰ってから料理するとき、並んでキッチンに立ちたいよね…。流星って料理できるの?ていうかジャニーズWESTって基本的に割と料理してるよね?なんかもっと家庭的なところイメージしたいから昔嵐がやってたような料理バトルみたいなのしてほしい。

話が逸れた〜〜。2人でちょっと豪華めのご飯作って美味しいねって言いながらワインと一緒に食べるよね。ご飯も美味しいしワインも飲みやすいしでガンガン飲もうとするんだけど、彼女が飲むと眠くなって寝ちゃうのを知ってる流星はそっと止めてくれる。「まだ飲むん(笑)」「流星くんも飲んでるじゃん!」「ほな、もうやめよか、ケーキ食べよ」って優しく笑いながら手にとってたワインボトル取り上げて欲しい。流星はまだまだ飲めるけど、彼女が飲めないから同じタイミングでやめてくれる。だからSUKI。ケーキも食べてお腹いっぱいになったのとお酒で眠くなってテーブルに突っ伏して寝ちゃった彼女を起こさないように片付けてくれて、こっそり首に指輪がかかったネックレスをプレゼント。ちょっとして彼女が起きて、びっくりしてたら、「まあ、一応、やくそく」って片口角あげて笑うの〜〜( ;  ; )「ちゃんとしたのは、まってて」って言うから何億年でも待てる。

 

 

 

 

  

重岡大毅

私が選ばないわけないです(出来レース


クリスマスのちょっと前に、彼女がクリスマスにイルミネーション見に行こうって誘うんだけど「はぁ?あんなん見て歩くだけやん」とか言う。だから彼女は諦めるんだけど、クリスマスの一週間前になって「なあ、どこのイルミネーション見に行くつもりなん?」って聞いてくるから…!!「え、行くの?」「え?行かへんの?」「い、いく!」ってなるよね〜〜〜!!嬉しくてニマニマする彼女を見て「ほんま単純やな」ってポカッと頭叩くんだけど本音は可愛くて仕方ないんだよね、ウンウン分かってるよ(^ω^)(顔文字のウザさ)


で、イルミネーション見に行くんだけど激混みで、でも「はぐれるから」とかって手は繋がずに両手ポケットの大毅…このとき大毅は手繋ぐ気サラサラない。寒いわぁとか考えてる。彼女は手繋ぎたいなーって思ってるけど向こうにその気がないならまあ別にいいやってくらい。
彼女は、てか私は(は?)、自由人だから、歩いてる途中にかわいいケーキ屋さんを見つけて、美味しそうって足止めて見ちゃうんだけど大毅はそれに気づかなくて先に行っちゃう。でもほんと、すぐ気付く。隣にいるはずだったけど着いてきてない彼女にすぐ気づいて、いつものことだから焦りもせずすぐ彼女見つけて、ケーキ屋さんに釘付けな彼女に「イルミネーション見てへんやん」って笑うんですよね……!!ごめんごめんって歩こうとする彼女に「買わんくてええの?」って聞いてくれる。すごく欲しかったわけじゃないけどそう言ってくれたことが嬉しくて買う!って頷いちゃう♡

嬉しそうにケーキ選ぶ彼女を無視して自分はフラフラ、クッキーとかマドレーヌとか見てるんだけど(買う気はない)、彼女が「ねー、これは?」って聞くと、んー?ってすぐ隣に行く。絶対、んー?って言う!ええんちゃう?って買ってくれて、持ってくれて、「ありがとう!」ってニマニマする彼女に「お前ほんまちょろいわあ〜」って笑いながら手繋ぐの〜〜!はぐれちゃうもんね???

私はその手をブンブン振りまくって、黙ってグイって引っ張られて「フラフラすんな」って言われたい。真顔で。私、なんでも笑うからゲラだし、すぐニマニマするニマニマ星人だから、フラフラすんなって言われてもはーいって言いながらニマニマしちゃう(キモい)


2人で仲良くイルミネーション見て、お家帰って、私は大毅に……何あげよう?枕とかスポーツシューズとか思い浮かんだけどそれって本人がいないとその人に合ったもの作れないし…(真剣)キーケースでいいや。で、「うちの鍵付けてね!」って言いたい。大毅からのプレゼントどうしよう。なんか、さりげないやつがいい。…ってことで、いま、世の男性たちはクリスマスに彼女に何をあげるのかを調べたんですよ。私が考えてた手袋とマフラー入ってて嬉しかったんですけど、ジェラートピケのパジャマも記載されてました…。彼女のためジェラピケ特有の淡いブルーのかわいいお店入る重岡くん想像したらもうこれしか考えられない。

 

ポケットに両手突っ込んで気まずそ〜〜に店内への一歩を踏み出す重岡くん。店員さんに一瞬で見つかってすぐ声かけられて、恥ずかしさで耳真っ赤にする。(超かわいい)「彼女さんにプレゼントですか〜?」「えっ、はい、まあ」「この時期多いんですよ〜、男性もたくさんご来店されます」「あ、そう、すか」ちらっと店内見たら同じように店員さんに声かけられてる男の人を見つけて安心するけどその人が超ノリノリで選んでたらオモシロイ。『ワンピースかわいいっすね〜』『これ今年の目玉なんですよ、このヘアバンドとセットで〜』『んー、でもこっちのが似合いそうだな』『これかわいいですよね〜』って。まあこれは小瀧望くんなんですけどね。のぞむぅはホイホイ選んでいくけどこういうお店に不慣れな重岡くんはキョドりまくる。だから店員さんに彼女さんは何色が好きですか?どんな柄が好きですか?とかいろいろ聞かれて、聞かれるがままに答えて、「これはどうですかね〜?イメージに合うと思うんですけど、」って勧められたやつ見て、「あ、似合うと思います、はい」…っていう重岡くんやばいな。似合うと思います……着てるとこパッと想像してくれちゃうんだよ…好きが溢れるな。見てないようで見てる重岡くん最高。(妄想)

重岡くんの背中からジェラピケの紙袋出てくるから、「え!?ジェラピケ!?行ったの!?」って思わず聞くよね…。「行ったわ」「1人で!?」「一緒に行くような人おらんし」「え、しかも何、かわいい…」「なんやその反応。意外みたいな顔すんなや!」「嘘だって(笑)ありがとう!」って嬉しそうな彼女の顔見て、選ぶのは恥ずかしかったけどその苦労も無駄じゃなかったなってきっと思うんだよ重岡くんは。スキ。

これは余談だけど、それから2人で買い物とか言ってジェラピケ見つけると私が「入ろう!見よう!」ってからかうから「もう二度と行かん!買わんからな!」って拗ねちゃったんだけど、私の誕生日前にジェラピケのカタログ(バッチリ付箋がついてる)をそれとなくテーブルに置いておいたら誕生日プレゼントにまた買ってきてくれた♡大毅ってほんとこういうとこある♡(すみません、楽しいのでやめませんけども!!)

 

 

 

小瀧望

望にはとにかく大学生。これまでのブログで何度も出してるけどとにかく大学生!!爆モテDDの小瀧望くん……!だって20歳だから、浪人留年なければ大学2年生ですよ??しんど…

私がクリスマスに激混みする類のお店でバイトしてるのでそれを絡めたい。(都合のいいヲタ)23日.24日.25日って今年は3連休でさらに混むので、3日間のうち2日は出て欲しいって彼女はバイト先に言われてて、どうしようって望くんに切り出すんだけど、望くんは全然怒らない、といいな。「ん〜、しゃあないなぁ、ほな、23.24ってバイトして、25からゆっくりする?」って言ってくれる。ごめんね、って謝るとのんちゃんはそんなことで怒りません。って頭ぽんぽんしてくれる。……私あんまり望の妄想が得意じゃないな…。続けるけど。(何だよ)

なんでこんな事細やかにバイトの話してるかっていうと、バイト終わりに迎えに来て欲しいから。あと少しで終わる…!って望くんの事を考えながら仕事を終えて、急いで着替えて外に出たら見覚えのあるイケメン。こっちに気付いて、小さく手を振ってくる。かわいい。「バイトお疲れ」「なんでいるの( ;  ; )」「迎えに来た♡」「寒かったよね、ごめん、待たせちゃって」「おれが好きで来たんやからいーの」ってニコニコしながら、慌てて巻いたからあんまり綺麗に巻けなかったマフラーをやり直してくれる。好きが止まらない。そのまま二人で手繋いで帰るの。二人とも大学生だから、一人暮らしの望くんのアパートにお泊りだな!

重岡くんのとこで出てきたようにジェラピケのルームウェアをプレゼントしてくれて、「なあなあ、今着て???」って言うから着替えて部屋出たら「似合う!かわいい!」ってにこにこしてくれる。まあ多分すぐ脱がされますけどね(最低)25日は二人でお昼くらいに起きて、「あえての、ね?これ、敢えてやから!」とか言いながら家でまったりする。したい。でも実際はガンガン外出るのかな〜。出るか。小瀧望ってリア充だもんね。望くんの、高い位置にあるコートのポケットに手入れたい。人より絶対高いじゃん。で、「無理せんでもええよ?」ってニヤニヤしながら言われる。「じゃあいい!手袋するし!」「えー、ウソウソ、つないどこ♡」……これ、望くんの相手が自分ならこの上ない幸せだけどこのカップルをそばで見たいとは思わねえな…クラスにいたら避けたくなる(性格悪い)

個人的に自分が想像する小瀧望の中で一番好きなのは、めちゃめちゃかわいいサッカー部マネに恋する小瀧くんを教室の端からぼんやり見つめる同じクラスのワタシみたいな設定なんだよな(きもい)その話はまた後日。誰も聞いてなくても私が残したいからやるもんねーーーー!!

 

 

実はコレ、11月半ばに書き始めたヤツなんですよ…マイペースを極めすぎて、いやまあ締め切りがあるものじゃないからマイペースでいいんですけど、結局クリスマスギリギリになっちったよ……望が進まねえとかいってほっといてたんですけど書き始めたら余裕で全文5000字を超える自分のキモさに引いてますどうもありがとうございました!

 

ふたつ前の記事に24コンにいくことを諦めたときの未練をツラツラと書いたんですけど色々考えた結果、行けることになったのであの記事はそのうち消すかもしれないし、あそこまで沈んだのはこれまでで生きてきた中で初めてだったのである意味記念ってことで残すかもしれないです。

↑どうでもいい

 

 

てことで!おーしまいっ!